都市美 創刊第1号
5d6252b40491d160216b91f1

都市美 創刊第1号

¥1,620 税込

送料についてはこちら

責任編集:山本 理顕 発行 :名古屋造形大学 出版社 :左右社 発売時期:2019年8月 その他 :A5判、216ページ 【内容紹介】 出版社HPより 山本理顕責任編集『都市美』 創刊 隣人と共に住むための都市、人々の生活を美しいものにするための芸術活動を名古屋造形大学から問う「都市美」。 創刊特集は「コミュニティ権 新しい希望」と題し、コミュニティをつくることを権利として主張する。 大澤真幸×木村草太×山本理顕の鼎談「家族の成立 コミュニティへの飛躍」、小熊英二×山本理顕「建築はコミュニティをつくれるか 経済・記憶・時間」をはじめ、ジャーナリストの武田徹、宗教学者の島薗進らの論考を収録。 ほか、名古屋造形大学のユニバーシティ・デザイン改革の詳細と、並行して行なわれる2022年の大学移転に関する建築ドキュメント、生活圏と経済圏が混在したコミュニティを賞する「LOCAL REPUBLIC AWARD」の取組なども掲載。 いまコミュニティは可能なのか、そのために何が必要なのか。 美しい都市空間を提案し、その実現を目指す人たちと問い続ける、『都市美』創刊号。 特集:コミュニティ権 新しい希望 コミュニティ権 国家権力に対抗する権力 山本理顕 家族の成立 コミュニティへの飛躍 大澤真幸×木村草太×山本理顕 建築はコミュニティをつくれるか 経済・記憶・時間 小熊英二×山本理顕 ハンセン病患者たちの「共生の共同体」 武田徹 宗教とコミュニティ 同苦・同悲のつながりへ 島薗進