椅子の神様 ──宮本茂紀の仕事
5d62332f851b2f79225bfe7e 5d62332f851b2f79225bfe7e

椅子の神様 ──宮本茂紀の仕事

¥1,944 税込

送料についてはこちら

著者  :佐藤 卓 、佐藤 岳利、宮本 茂紀 出版社 :LIXIL出版(LIXIL BOOKLET) 発売時期:2019年6月 その他 :A4判変型、 80ページ 【内容紹介】 出版社HPより 新しいことへの挑戦と実験/素材への探究心/過去、現在、未来をつなぐ、椅子づくり カッシーナ、B&B、アルフレックス、梅田正徳、藤江和子、隈研吾、ザハ・ハディド...。彼らは、日本初の家具モデラー、宮本茂紀(1937-)がともに椅子づくりに携わってきたメーカーであり、デザイナーたち。 一流の面々がこぞって宮本を頼るのはなぜか。 2019年4月には、数年越しに完成した佐藤卓デザインによる椅子の開発に関わった。 自然素材と伝統技術に拘った最高級のソファ「SPRING」。 本書はその「SPRING」を皮切りに、デザイナーと試作開発に取り組んだいくつかの事例から職人としての宮本茂紀の仕事に迫る。 ものづくりの現場に約65年。 後半では、歴史から椅子の構造の変遷や技術を学び、素材や座り心地を追求し続け、さらに次世代へと継承する宮本の仕事も紹介する。 写真家、尾鷲陽介の撮下しによる豊富な図版とともに、新たな角度から椅子の奥深さ、魅力に触れることのできる一冊。