戦争の法
5c9febd3a71db73ea04bd257

戦争の法

¥1,300 税込

送料についてはこちら

著者  :佐藤 亜紀 出版社 :伽鹿舎(伽鹿舎QUINOAZ) 発売時期:2017年12月 その他 :ライブラリー判、 418ページ 【内容紹介】 出版社HPより 佐藤亜紀初期の傑作長編、『スウィングしなけりゃ意味がない』と共に今こそ読みたい〝地場産業の倅三部作〟の第一作が復刊! 『バルタザールの遍歴』以降、常に鮮烈な作品を放ち続ける佐藤亜紀の初期傑作長編です。  1975年、N***県独立──   ソビエト連邦共和国の庇護下で成立した社会主義体制のもと人々は欲望の赴くままに奔走する。  ツキにツキまくった〝伍長〟、繊細な美貌の天才狙撃手、一癖も二癖もある登場人物たちの〝戦争譚〟を、自ら「信用できない語り手」と嘯く主人公が語る回想録。 四半世紀を経て、著者本人による解説を収録した新版です。